仮性包茎治療は手術で行います

日本の成人男性の多くは仮性包茎であると言われています。
仮性包茎は自然に治るものではないですし、体の成長は一般的に18歳くらいで止まります。
そのため18歳くらいで仮性包茎の人は自然に皮が剥けることはないと考えられるでしょう。
仮性包茎は病気ではないですし、絶対に治療が必要というわけではありませんが、悩んでいる場合は仮性包茎治療を受けた方が良いかもしれません。
仮性包茎治療を受けることにより、精神的なコンプレックスを解消することができますし、自信を持てるようになったという男性も多いのです。
仮性包茎の人は常に亀頭が包皮に覆われているため、亀頭と包皮の間に垢が溜まりやすく、細菌の発生源となります。
その垢が原因で性病を引き起こすこともありますし、陰茎癌の原因になるとも言われているのです。
仮性包茎治療は一般的に手術によって行われています。
手術といっても入院の必要はなく、終わったらすぐに帰宅して普段通りの生活を送ることができます。だいたい1時間程度で終わるため、時間もあまりかかりません。
手術をする時は麻酔を使うことになりますが、仮性包茎治療の場合は全身麻酔ではなく、陰部だけの局所麻酔で済みます。そのためすぐに帰ることができるのです。

専門のクリニックで仮性包茎の治療と手術

若い男性の中には仮性包茎で悩む人が数多く存在しています。
包茎は3種類あり軽度な包茎が仮性包茎です。
仮性包茎は日本人男性に最も多い症状で、平常時は亀頭を包皮が覆っています。
手を使って剥くと簡単に亀頭が露出するのが軽度な症状で、勃起しても皮を被ったままの症状が重度です。
仮性包茎は痛みがなく日常生活に支障がないので治療を受けない人もいますが、皮を被っているので雑菌が繁殖しやすく不衛生だと感じる人もいます。
陰毛が包皮に絡まりやすい男性は亀頭周辺や包皮に炎症を起こしやすいです。
仮性包茎が気になる人の中には手術をして治してしまう人もいます。
専門クリニックで治療を受ければ、簡単な施術で包茎の症状が治ります。
包茎の中でも最もポピュラーなので治療を受ける男性が多く、費用も他の包茎治療に比べると安いです。
大手クリニックだとホームページに費用が掲載されています。
クリニックによって施術方法が異なるので、事前に施術内容と料金を確かめておきます。
施術内容について詳しく知りたい場合は直接クリニックに問い合わせることもできます。
無料のメール相談サービスを提供しているクリニックも多いです。
事前に施術内容について丁寧な説明があるので、クリニックが初めての男性でも安心して施術を受けられます。