仮性包茎治療は手術で行います

日本の成人男性の多くは仮性包茎であると言われています。
仮性包茎は自然に治るものではないですし、体の成長は一般的に18歳くらいで止まります。
そのため18歳くらいで仮性包茎の人は自然に皮が剥けることはないと考えられるでしょう。
仮性包茎は病気ではないですし、絶対に治療が必要というわけではありませんが、悩んでいる場合は仮性包茎治療を受けた方が良いかもしれません。
仮性包茎治療を受けることにより、精神的なコンプレックスを解消することができますし、自信を持てるようになったという男性も多いのです。
仮性包茎の人は常に亀頭が包皮に覆われているため、亀頭と包皮の間に垢が溜まりやすく、細菌の発生源となります。
その垢が原因で性病を引き起こすこともありますし、陰茎癌の原因になるとも言われているのです。
仮性包茎治療は一般的に手術によって行われています。
手術といっても入院の必要はなく、終わったらすぐに帰宅して普段通りの生活を送ることができます。だいたい1時間程度で終わるため、時間もあまりかかりません。
手術をする時は麻酔を使うことになりますが、仮性包茎治療の場合は全身麻酔ではなく、陰部だけの局所麻酔で済みます。そのためすぐに帰ることができるのです。